北陽電機株式会社 採用情報

北陽電機を知る

印刷

社長メッセージ

独自の技術で、未来を拓く

代表取締役社長 尾崎 仁志
代表取締役社長 尾崎 仁志

当社は昭和21年に創業以来、センシングやコントロールといった分野で、お客様のサポートを行ってきました。創業者は、「よそと同じものを作るな」と常に社員に語っていたそうです。当社は、お客様のニーズにこたえながら、最新の技術でそれに応えてものづくりを続けて来ました。 この、大企業にはないフットワークの軽さが、こだわりのあるオンリーワンなものづくりにつながっていると思います。当社はもともと「ファブレス企業」でしたし、中国生産を考えたこともありました。しかし、社内で生産をすることで、自分たちの技術の基礎力向上・製品の付加価値の向上になるのではという結論に至り、 現在、主要製品は社内生産を行っています。当社のセンシング技術は、必要とされるフィールドが広がってきています。これまでのロボット業界はもちろんですが、高速道路などインフラ関係等が上げられます。さらには、国内だけではなく、海外へも活躍のフィールドは広がってきています。 オンリーワンを目指すことは、生やさしいことではありません。基本となる技術を持った上で初めて可能になるものです。そのためには、今まで培ってきたことを次の世代がしっかりと継承し、深化させていくことも大切です。また、私は社員一人ひとりを家族のように感じています。 仕事でスキルを上げてもらうのはもちろん、一人の「人」としてのスキルも上げ、より魅力的なひとに育ってほしいと願っています。大きく成長したいという意欲があり、何事にも興味をもって取り組める好奇心旺盛な諸君と出会いたいと願っています。

もっと先へ、常に新しく。HOKUYO DNA

他社との差別性をはかり、必ずオリジナルなHOKUYOのスパイスを効かせる。

北陽電機は、その技術開発力で世の中に受け入れられ、ここまで成長してきました。私たちが常に求めているのは”オリジナリティ”。他社と同じ物を作らず必ず独自の技術(スパイス)を盛り込むこと、すなわちオンリーワンであることが、価格競争に陥らずにすむ唯一の方法だからです。創業以来受け継がれてきたこのDNAは、私たちの誇りであり、会社の原動力でもあります。時代を読み、最先端のその先を常に研究し、世の中にない製品を開発していく。これが北陽電機のスタイルです。

会社理念

 「オートメーション」という言葉がまだ一般に普及する以前から、私たちは自動制御を手がけてきました。そして、時代のニーズを先取りしたオンリーワン商品の開発を通じて、産業界の発展、ひいては人々の暮らしの向上に大きく貢献してきました。
 21世紀、クローバル化、高度化する社会――。最先端のテクノロジーに独自の技術を駆使し、ますます世界に貢献できる商品の創出を、当社は推進していきます。

ひとが育って会社が育つ

 「企業はひとなり」これが当社の企業理念です。規模の拡大より少数精鋭が当社のモットー。それだけに一人ひとりに対する期待や役割も大きいと言えます。また個々の人材の意志は最大限に尊重し、自己実現の機会も設けています。
  人材育成については、階層別研修や専門技術研修など、自らを磨くためのさまざまな教育、研修のシステムが用意されています。当社は、全社員が誇りとやりがいをもって働く環境作りを常に目指しています。

北陽電機の求める人材像

● 夢の実現に向け、 挑戦し続けられるひと
* 旺盛な好奇心を持ち、柔軟な発想ができるひと
* 評論家ではなく、行動力のあるひと
* 円滑なコミュニケーションができるひと
* あきらめず着実に前進のできるひと
* 目標を達成する方法を論理的に組み立てられるひと
* 素直な心を持っているひと

Network

ネットワーク本社所在地:
大阪府大阪市西区江戸堀一丁目9番6号
肥後橋ユニオンビル9F
TEL:06-6441-2212(代)
FAX:06-6441-2203

国際規格ISOの取得

ISO9001 JQA-1742

ISO9001 JQA-1742品質管理システムを評価する国際規格「ISO9001」を平成9年5月に取得。
(但し、エントランス(ENT)事業部はJQA-QMA13642で認証)

ISO14001 JQA-EM3873

ISO14001 JQA-EM3873環境マネジメントシステムを評価する国際規格「ISO14001」を平成16年3月に取得。
(但し、本社・豊中事業所・大阪営業所・エントランス(ENT)事業部のみ)

Profile

社  名 北陽電機株式会社(HOKUYO AUTOMATIC CO.,LTD.)
創  業 1946年(昭和21年)4月8日
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 尾崎 仁志
従業員 180名
事業内容 自動制御機器・自動ドアの製造販売
営業品目 オートカウンター/フォトマスター/レーザマスター/ミクロマスター/ビュースケール/ビューマスター/光データ伝送装置など)
自動ドア
取引銀行 三菱東京UFJ銀行/商工組合中央金庫/三井住友銀行/りそな銀行/近畿大阪銀行

取引先・納入先

●制御機器関係(50音順・敬称略)
〈国内〉
株式会社IHI/株式会社クボタ/株式会社神戸製鋼所/サッポロビール株式会社/三和シャッター工業株式会社/JFEスチール株式会社/シャープ株式会社/シンフォニアテクノロジー株式会社/新日本製鐵住金株式会社/住友重機械株式会社/住友電気工業株式会社/綜合警備保障株式会社/ソニー株式会社/大日本スクリーン製造株式会社/株式会社ダイフク/株式会社タクマ/津田駒工業株式会社/株式会社椿本チエイン/東京エレクトロン株式会社/株式会社東芝/東レ株式会社/トヨタ自動車株式会社/株式会社豊田自動織機/日産自動車株式会社/日本エレベーター製造株式会社/日本オーチス・エレベータ株式会社/日本電気株式会社/パナソニック株式会社/株式会社日立製作所/日立造船株式会社/株式会社日立ハイテクノロジーズ/富士機械製造株式会社/富士電機株式会社/ブリヂストン株式会社/古野電気株式会社/三菱重工業株式会社/三菱電機株式会社/村田機械株式会社/株式会社森精機製作所/株式会社安川電機/ヤマハ発動機株式会社/横河電機株式会社/横浜ゴム株式会社/YKKAP株式会社

〈海外〉
AMD Advnaced Micro Devices, Inc. /AMAT Applied Materials, Inc. /AUO AU Optronics Corp. /Brooks Automation, Inc. /Carl Zeiss, Inc. /CMO Chimei Optoelectronic Corp. /CSC China Steel Corporation /CPT Chunghwa Picture Tubes, Ltd. /GM General Motors Corporation /Hynix Semiconductor Inc. /現代 Hyundai Motor Compnay /IMFT IM Flash Technologies /インテル Intel Corporation /IBM International Business Machines Corporation /Jervis B. Webb Company /KLA-Tencor Corporation /LG LG.Philips LCD Ltd. /Micron Technology, Inc. /Nanya Technology Corporation /POSCO Pohang Iron and Steel Co., Ltd. /三星 Samsung Electronics Co.,Ltd. /TSMC Taiwan Semiconductor Manufacturing Company /UMC United Microelectronics Corporation