お知らせ

News Release
製品情報

UAM-05LP-T301/T301Cファームウェアアップデートのお知らせ



UAM-05LPシリーズのファームウェアを2019年1月以降の生産分よりアップデートいたします。

本体ファームウェアVer 2.3.0
設定ソフト「UAM Project Designer」: 2.3

■ 変更内容

(1)エンコーダパターン追加
入力Eを使用することで、エンコーダパターンがこれまでの4パターンから、8パターンまで設定可能になります。

(2)光学窓汚れ警報の7セグメントディスプレイ点滅解除条件変更
汚れをお知らせする7セグメントディスプレイの点滅解除の条件を、これまでの270°全て汚れなしから、エリア設定範囲内汚れなしに変更してユーザの利便性を向上します。

(3)Configuration ID機能追加
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、レポート画面とレポートPDFからセンサ設定のIDを確認できるようにします。

(4)レポートPDFのエリア自動スケーリング
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、レポートPDFに表示されるエリア表示が最適な大きさで表示されるように改善します。

(5)イベント録画機能
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、OSSD出力のOFFをトリガーに前後1~15秒の測定データを記録することができる機能を追加します。

(6)エラーログの時刻表示
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、センサ起動後のエラーログについては発生時刻も表示するように変更します。

(7)検出ログのマッピング表示
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、検出ログ画面に数値情報だけでなく、マッピング表示も追加して視覚的にわかりやすくします。

(8)エリア数値入力欄のコピー&ペースト対応
設定ソフト「UAM Project Designer」にて、エリア設定画面の数値入力欄にテキストファイルで作成した配列をコピー&ペーストできるようにします。

■ 機能追加による検出特性への影響

 本変更による検出特性の変更はありません。
 機能追加により設定ソフト「UAM Project Designer」のバージョンアップが必要です。

 設定ソフトはUAM-05LP-T301/T301Cの商品ページにてダウンロード可能です。

製品ページはこちらをクリック

■アップデート対応について

 アップデートについては弊社にご返却での対応となり、別途費用を頂戴させていただきます。

 ご不明な点がございましたら、弊社営業担当者までお問い合わせお願いいたします。