製品の使い方|鉄鋼・クレーンセンサ|発光量(投光量)低下出力について

発光量(投光量)低下出力

投光器が正常に働いているかどうかをチェックするものです。
光源の発光ダイオードや半導体レーザが、回路の故障や劣化により、発光を停止したり、規定値以下のレベルになった場合に動作します。

発光量(投光量)低下出力の名称について

機器により、発光量(投光量)低下出力の名称が異なります。

シリーズ 名称
LAVシリーズ ALARM
LA-FDSシリーズ WARNING
PHVシリーズ ALARM

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.