光学窓のお手入れ方法

光学カバーの清掃

光学カバーが埃等で覆われると、測域センサの検出性能に影響を及ぼします。
埃等が多い環境下に測域センサを設置する場合は、定期的に光学カバーの清掃を行ってください。

1 )ほこりなどが付着している場合、エアブロワで除去してください。

2 )きれいな柔らかい布で清掃してください。

3 )油汚れがある場合、中性洗剤を薄めて柔らかい布に染み込ませてふき取ってください。
  次に、水拭きにより中性洗剤を拭きとってください。
  拭き取りが不十分な場合、プラスチックに割れが生じることがあります
  最後に、から拭きをしてください。

柔らかい布の例 ・・・ ベンコットM-3II(旭化成)


■注意事項
●測域センサの清掃、洗浄には、シンナー、ベンゼン、アセトン等の有機溶剤は使用しないでください。樹脂製部品、塗装等に悪影響がある恐れがあります。

■危険事項
●光学カバーの清掃は、測域センサをシステムから切り離した状態で行ってください。
●上記の内容をお守りいただけない場合、機械に重大なダメージを与え、致命的な負傷または
死亡にいたる恐れがあります。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.