ニュース&トピックス

つくばチャレンジ参加チームに測域センサを無償貸与します。

1.3次元測域センサのモニタ募集

当社は昨年度まで経済産業省の委託事業(サポイン)で3次元測域センサの開発を行ってきました。昨年のつくばチャレンジ2014では15チームに試作品の評価を依頼し、実環境における性能や使い勝手等についてご報告頂きました。現在はその結果に基づき改良したプロトタイプ製品版の販売を開始しています。

今年のつくばチャレンジではこのプロトタイプ製品を評価し、さらに改良して量産化に繋げたいと考えています。そこで、モニタとして評価して頂き、センサの改良に協力して頂けるチームを募集します。

※3次元測域センサの受付は貸し出し予定数に達した為、終了させていただきます。ありがとうございました。(2015/07/06)


●評価のために貸し出されるセンサの型番:YVT-X002 (通称:3D-URG)

詳細はこちら

●お申込みは、3D-URGの使用方法等を書いた計画書(A4用紙1枚程度)を添えて、下記の担当者あてにメールしてください。

●お申し込み受付は、正式に参加登録を済ませたチームに限ります。

●お申し込み頂いた計画書の内容を確認の上、原則として昨年度3次元測域センサのモニタをお願いしたチームを除き、先着順に選考させて頂きます。

●選考が予定数(10台)に達した時点で受付終了とさせて頂きますので、予めご了承ください。

●貸与期間は、2015年6月末~12月末です。貸与期間終了後も継続使用をご希望のチームには現品を特別価格(定価の半額程度の予定)でお譲り致します。

●本走行終了後に使用結果について評価レポートを提出して頂きます。

●貸与期間中、センサが故障した場合は無償で修理対応しますが、修理には2~3週間掛かる場合があります。その間の代品はご用意できませんので、予めご了承ください。





2.つくばチャレンジ2015に参加登録したチームで測域センサをご使用頂けるチームにはUTM-30LX-EW (EtherTop)を無償で貸与させて頂きます。

●EtherTopはお申し込み先着順に貸与され、お申し込みが予定数に達した時点で受付終了とさせて頂きますので、予めご了承ください。

●貸与台数は1チーム(1ロボット)につき1台です。

●お申し込み受付は、正式に参加登録したチームに限ります。

●貸与期間は、2015年6月末~12月末です。貸与期間終了後も継続使用をご希望のチームには現品を特別価格(定価の半額程度の予定)でお譲り致します。

● 貸与期間中、センサが故障した場合は無償で修理対応しますが、修理には2~3週間掛かる場合があります。その間の代品はご用意できませんので、予めご了承ください。



<メール申込み、お問い合わせ先>

北陽電機(株)経営企画本部

嶋地 直広

E-mail:shimaji@hokuyo-aut.co.jp

  • カテゴリ:お知らせ
  • 作成日:2015年04月03日

最近の記事

会員ログイン/Login

パスワードを忘れた方はこちら

サポート・お問い合わせ
  • 北陽電機公式twitter
  • 新規会員登録

製品特集情報

用途事例から製品を探す

関連リンクサイト

  • 技術者のたまご応援プログラム
  • フレッシュラボ応援プログラム
品質管理への取り組み(ISO9001) 環境への取り組み(ISO14001) 環境への取り組み ISO14001 品質管理への取り組み ISO90001
Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.