製品の原理 用語解説|光電・レーザセンサ|測距反射形

測距反射形とは

測距反射形とは

投・受光器一体型のセンサで、検出物体よりの反射ビームの受光位置により距離判定を行い動作します。

特長

測距反射型は他の方式に比べ、下記の特長がございます。

● 検出物体の色や材料に影響されない
● 背景の影響を受けない
● レンズ汚れに強い
(受光量の大小ではなく入射角で検出)

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.