アンプ分離形

アンプ分離形センサとは

アンプ分離形センサとは

光電センサは通常、投光部、受光部、増幅回路、制御回路、電源から構成されます。

アンプ分離形はこのうち投光部、受光部のみで構成されたセンサヘッドと増幅回路、制御回路で構成されたアンプを組み合わせて使用するセンサのことを示します。

特長

アンプ分離形のセンサはアンプ内蔵形と比べ、下記の特長がございます。

● センサヘッドが手の届かない場所に設置されていてもアンプ部で感度調整などが可能です。
● アンプ内蔵形と比べるとディレータイマや感度などの詳細な設定が可能です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.