製品の原理 用語解説|光電・レーザセンサ|コノ字形(溝形)センサ

コノ字形(溝形)センサとは

コノ字形(溝形)センサとは

投光器と受光器を溝型に一体化したもので、溝内に検出物体が入り光ビームを遮ることにより動作します。

特長

コノ字形(溝形)センサは、他のセンサと比べ、下記の特長がございます。

● 検出位置精度が高い
● 光軸調整不要
● 取扱いが容易

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.