製品の原理 用語解説|光電・レーザセンサ|スパークキャッチャ

スパークキャッチャとは

紡績工場にて、原料綿に混入している金属片が、空気搬送ダクトの壁面に接触して火花が発生、綿に着火して燃え広がることがございます。

スパークキャッチャはその火花を検知することが出来ます。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.