応用例・特集ページ|測域センサ|鉄鋼現場でのデータ出力タイプ測域センサ(LiDAR)の使用事例

耐環境性に優れた測域センサ

耐環境性に優れた測域センサ

UXMシリーズは鉄道、高速道路などのインフラ関係、工事現場など屋外環境でも多数実績のある耐環境性に優れた2D LiDARです。鉄鋼業界のような環境でも使用が期待されます。

UXM-30LXH-EHAの特長

UXM-30LXH-EHAはデータ出力タイプの測域センサです。

一般的な光、レーザセンサのような前方を通過したら信号を出力する物ではなく、
190度の広範囲にレーザを照射させ反射したワークまでの距離を角度分解能0.125度ずつ出力させるセンサです。
そのため、ワークまでの距離、形状などの測定に応用が可能です。

また、マルチエコー機能を搭載していることでホコリや前面に設置したカバーと検出物などの異物と検出物との分離が可能です。

製品ページ

搬送ラインでのワークの位置検出

搬送ラインでのワークの位置検出

190°のスキャニングにより、ワークが流れている位置などの監視ができます。

ワーク、材料の形状計測

ワーク、材料の形状計測

0.125°ごとの高分解能測定により、ワークや材料の形状を測定できます。

コイルの測定

コイルの測定

一般的なセンサでは検出が難しいコイルの形状や穴位置の測定にも応用できます。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.