製品の原理 用語解説|測域センサ|受光強度

受光強度とは

データ出力タイプ、LAタイプの測域センサは、一部のセンサを除いて物体までの距離データのほかに、センサの受光素子で受光した光の強さ(受光強度)を出力できます。

出力された値自体は単位のないセンサ内部データです。
したがって、受光強度の強弱を表す相対値とお考えください。

受光強度の使用例

測域センサをマッピングを行う際など、基準となる物体を決めたい際に反射板などを設置して反射強度の高いデータを基準点として採用したり、雨やホコリなど除去したいデータを反射強度で判別するなどが考えられます。

受光強度を取得できるセンサ

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.