導入事例
CASE DETAIL
測域センサ

危険エリアへの侵入検知

危険エリアへの侵入検知

危険エリアへの作業員の侵入を検知

導入事例

導入事例
安全柵開口部に測域センサを設置、上部よりスキャニングすることで、危険エリアへの作業員の侵入を検知する。
ミューティング機能(無効化領域機能)を使用してワークのみを搬送しながら、作業員の侵入を検知して安全を確保します。
ライトカーテンに比べ、範囲を自由に設定できることや、片側配線による省配線などで採用された。
安全カテゴリが必要な場合はUAMシリーズ、不要な場合はUSTシリーズ

今回採用された製品の詳細を見る