導入事例
CASE DETAIL
測域センサ

危険エリアの居残り検知(存在検知)

危険エリアの居残り検知(存在検知)

ロボットや設備機械の危険エリアでの作業員の有無を検知する

導入事例

導入事例
ロボットや設備機械でワークの補充や取り出しなど、人と共存して作業する場合に警告領域、防護領域を使用して安全を確保します
ライトカーテンや安全ドアスイッチではエリア内に人が存在しているかは検出できません、エリア内の作業員に気がつかず、再起動が発生すると危険です
また、非接触なのでマットスイッチのように工具やワークの落下で破損することはほとんどありません。
複雑なエリア設定を簡単に出来ることや、作業にあわせてエリアを切り替えることも出来ます。
安全カテゴリーが必要な場合UAMシリーズ、安全カテゴリーが不要な場合はUSTシリーズ

今回採用された製品の詳細を見る