ニュース&トピックス

「ワイドな空間認識能力! 3D測域センサ新発売!!」


独自のセンシング技術で、工場などの省力化(オートメーション)に貢献する産業用センサメーカの北陽電機株式会社(大阪市中央区)は、モータと共振ミラーを用いて3次元計測が可能な測域センサ「YVT-35LX」を10月に発売します。

測域センサとは、レーザ光をスキャニングし、反射光により検出物までの距離を測定する、空間認識能力を持った距離測定センサであり、LiDAR(Light Detection and Ranging)とも呼ばれています。測域センサは自律走行ロボットの周囲環境認識やAGV(産業用無人搬送台車)の走行制御に欠かせない存在となっていますが、最近では、鉄道のホームドアにおける居残り検知や、人の動きに合わせて映像演出を変化させるインタラクティブコンテンツにも使用されており様々な業界から注目を集めています。

この度、新発売する新製品YVT-35LXは、3次元の計測により、立体的に形状認識をしたいというニーズに応えるために開発を進めてきました。
YVT-35LXでは、水平方向210°垂直方向40°の広範囲に光をスキャニングし、独自の光学技術により、レーザーセーフティClass 1の条件で、検出距離35m(前方方向)と長距離性能を実現しています。
単一方向のレーザ光で複数の距離データを取得するマルチエコーと呼ばれる独自機能により、雨や霧などの悪環境下においても対象物までの測距データを取得することができます。
また、レーザ光を自発光し、反射によって測距しているため、暗闇環境でも精度良く検出が可能であり、屋内外を問わず使用できます。




主な利用分野として、以下のような用途が考えられます。
・自律走行ロボットや工場内を走行するAGV(前述)の走行支援
・建築・土木現場での施行管理や切削量、盛土の形状認識
・立体駐車場の居残りや人の倒れ込み、ドアミラーのはみ出し検知
・人流計測による動線分析とマーケティングへの利用
・インタラクティブコンテンツ(前述)

類似技術であるカメラやミリ波レーダに比べて距離測定精度が良く、悪環境下でも使用できることから、更なる用途拡大を見込んでいます。

なお、本年11月29日より東京ビックサイトで開催される「2017国際ロボット展」ならびに「システムコントロールフェア2017」に、YVT-35LXを出展いたします。

【製品URL】
https://www.hokuyo-aut.co.jp/search/single.php?serial=165

北陽電機では、ロボット研究者との連携のもと、小型軽量なサービスロボットの環境認識用途に使える
2次元測域センサ URG-04LXを2005年に発売以降、ロボット用センサとして広く利用されています。
その後はお客様のご要望に応えてラインナップを拡充させ、各種産業分野で利用可能な測域センサをシリーズ化しています。測域センサの開発、生産は、豊中事業所(大阪府)で行なっており、2020年度に測域センサカテゴリで80億円の売上を目標にしています。



北陽電機(株) 豊中事業所

【本リリースの内容に関しては、下記までお問合せください。】
北陽電機株式会社 経営企画本部 MS室
TEL:06-6947-6334
Mail:c-support@hokuyo-aut.co.jp





  • カテゴリ:製品情報
  • 作成日:2017年09月14日

最近の記事

会員ログイン/Login

パスワードを忘れた方はこちら

サポート・お問い合わせ
  • 北陽電機公式twitter
  • 新規会員登録

製品特集情報

用途事例から製品を探す

関連リンクサイト

  • 技術者のたまご応援プログラム
  • フレッシュラボ応援プログラム
品質管理への取り組み(ISO9001) 環境への取り組み(ISO14001) 環境への取り組み ISO14001 品質管理への取り組み ISO90001
Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.