製品詳細
PRODUCT DETAIL
DWF-20LE

DWF-20LE CEマーク

光データ伝送装置各種オープンネットワーク対応タイプ

伝送距離200m イーサネット(Ethernet)100Mbpsの光リピータ。EtherCATなどの産業用フィールドネットワークの幹線を伝送。光を使ったケーブルレス通信でスタッカークレーン(自動倉庫)、自動クレーン、トラバーサーなどの移動体との無線通信が可能です。その他LANケーブルの置換えとしてネットワークカメラなどの画像伝送も可能です。

製品概要

イーサネット回線に直結可能

イーサネット回線に直結可能
イーサネット回線に直結可能な光リピータです。 MACアドレスやIP設定は不要で、LANケーブルと同様に使用できます。 ネットワークカメラやホスト-スレーブ間通信などのイーサネット回線に使用できます。 伝送距離0mから最大200mまでの長距離空間を光無線通信に変換でき、移動体間通信 などの無接触通信が可能です。

距離200mで大型倉庫などにも

伝送距離は200mと従来に比べ2倍に伸び、大型の立体倉庫や液晶搬送といった物流搬送装置にも適した製品となっています。

光軸調整も簡単に

可視レーザー光による光軸調整機構をオプションで用意したことで設置時の光軸調整作業を容易にできる仕組みを実現しました。

レーザクラス1で目にも安心

レーザクラス1なのでレーザ光が目にはいっても安全です。

形式一覧

型式 品コード 伝送距離
DWF-20LEA - 200m
DWF-20LEB -
AタイプとBタイプをセットでご使用ください。

オプション 光軸調整器

オプション 光軸調整器
赤色レーザマーカで光軸調整時に使用します。

製品仕様

形式 DWF-20LEA DWF-20LEB
伝送距離 200m
指向角 全角1°
電源電圧 DC24V(±10%)
消費電流 150mA(DC24V)
伝送方式 全二重双方向伝送
伝送速度 100Mbps
レーザ波長 658nm(赤色) 830nm(赤外)
レーザ安全 クラス1
インタフェース Ethernet
通信規格 IEEE802.3u 100BASE-TX
Auto Negotiation機能対応
変調方式 直接変調
接続 M12コネクタ Ethernet通信用 M12/4ピン Dコーディング/メス
M12コネクタ 電源・アラーム用 M12/5ピン Aコーディング/オス
質量 800g
外形寸法(W×D×H) 165mm×144mm×70mm
使用温度・湿度 -10℃~50℃ 85%RH以下(但し氷結のないこと)
許容周囲照度 10000 lx以下(ハロゲン・水銀灯)
耐衝撃 490m/s X・Y・Z各方向10回
耐振動 複振幅1.5mm 10~55Hz X・Y・Z各方向2時間
保護構造 IP65
受光出力(ARM) フォトカプラオープンコレクタ (耐圧36V)
受光時ON(最大50mA、残留電圧1.5V)
レベル電圧出力
(アナログ出力)
約 0.0V ~ 3.0V
M8コネクタ  光軸調整時のみ使用のこと。外部配線不可

外形図

外径寸法図

外径寸法図

入出力回路

接続

接続
※接続ケーブルは付属しておりません。

①電源コネクタピン配置 M12コネクタ 5ピン Aコード/オス

①電源コネクタピン配置 M12コネクタ 5ピン Aコード/オス
ピンNO. 信号名 入出力回路
1 +VIN (DC24V) 本体電源入力
3 -VIN (0V)
 
ARM NPNフォトカプラ出力 
4 ERR
5 COM

②通信用コネクタ M12コネクタ 4ピン Dコード/メス

ピンNO. MDI信号 信号機能
1 TD+ 送信データ(+)
2 RD+ 受信データ(+)
3 TD- 送信データ(-)
4 RD- 受信データ(-)

③レベル電圧出力用 コネクタピン配置 M8コネクタ 4ピン/メス

ピンNO. 信号名
1 LEVEL
2 GND
3 オプション用電源(DC5V)
4 オプション用電源GND

※オプション用電源には、専用製品のみ接続して下さい。

各種ダウンロード

ダウンロードの前に

ファイルのダウンロードは会員のみが可能です。
会員登録されていない無い場合は、「会員登録」ボタンより会員登録を行ってください。
既に会員の方は、下記の規約に同意いただき、「同意する」ボタンをクリックしてください。

資料ダウンロード用使用許諾

弊社各種商品の製品仕様・図面資料・各種資料及びソフトウェアのダウンロードに際して、事前にご利用規約をお読みいただき、ご理解・ご同意の上でご利用いただくようお願い申し上げます。
ご同意いただけない場合、ダウンロードページへの登録・承認ができないことをご了承ください。(なお、本利用規約は予告なく変更することがございます。)

利用規約

知的財産権
  • 当ウェブサイトに公開されている文章、データやソフトウェアなどのコンテンツ
    (以下コンテンツという)の著作権およびその他の権利は、当社またはその供給者が有します。
  • 当社が当ウェブサイトに掲載しているコンテンツの二次的利用(複製、転用、改変、解析、送信、譲渡、貸与、使用許諾、及び営業活動または営利を目的とする使用等)は、事前に承諾がない限り固く禁止いたします。各ダウンロードサイトやコンテンツに個別の使用条件を記載している場合は、それらの利用条件を本利用規約に優先させて適用させていただきます。
  • 当社は当ウェブサイトによるコンテンツの提供により、コンテンツに含まれる発明、デザイン等に対する特許権、意匠権その他の知的財産権の譲渡または当該知的財産権に基づくいかなる権利の許諾を行うものではありません。
免責事項

当社は、当ウェブサイトに掲載した情報には細心の注意を払っておりますが、以下の点に責任を負うものではありません。

  • 掲載された情報が常に最新版であり、適時適切に更新、または訂正されていること。
  • 掲載された情報が正確で、有用で、安全であること。
  • 当ウェブサイトの情報の変更、削除、公開の中断、中止等、ご利用になったことによるお客様に生じた損害。
  • 当ウェブサイトの利用によって起きた一切の損害。

ダウンロード一覧

分類 ファイル名 ファイル
容量
更新日 ダウンロード
製品仕様書
DWF-20LE 製品仕様書 外径寸法図
---
2021-12-24
マニュアル
DWF-20LE 取扱説明書
---
2021-12-24

よくある質問

  • DWF-20LEAとDWF-20LEBの2種類ありますが、どのように使用するのですか

    DWF-20LEAとDWF-20LEBをセットにして使用してください。 AとBタイプは異なる波長になっており、相手の信号のみを受信できるようにしています。

  • レーザ光が目にはいっても安全ですか

    レーザ光の安全規格としてクラス1となっていますので問題ありません。

  • 隣接して設置する場合、どれくらい離して設置すればいいですか

    隣接する場合は干渉して誤動作する場合がありますので、指向角の2倍の間隔をあけてください。
    間隔は下記で計算できます。
    間隔=(tan指向角×最大使用距離)×2倍
    指向角1°  間隔(mm)=35×距離(m)

    また、通信相手側の光を遮断した状態で隣接する機器からの光で受光レベルが点灯していないことを確認してください。

  • 通常モード、マスターモード、スレーブモードがありますが動作モードの使い分けは

    通常モードは光通信が遮光されてもリンクを切断せず、信号のみが遮断されるので、WEBカメラなどの信号伝送やパソコンなどの一般的なLAN信号の伝送をする場合に使用します。

    マスター及びスレーブモードは光通信が遮光されると、リンクを自動で切断するので、産業用オープンネットワークで使用する場合にマスター局へリンク断を知らせることが可能となります。産業用オープンネットワークで使用する場合はマスター局側をマスターモード、スレーブ局側をスレーブモードに設定して使用してください。