エリア設定タイプ/PBS

測域センサ CE

スキャン式障害物検知センサのパイオニア

  • 商品概要
  • 用途事例
  • 製品仕様
  • 外形図
  • 入出力回路
  • オプション
  • 各種ダウンロード
  • よくあるご質問

商品概要

● LED(λ=880nm)光線により半円状のフィールドをスキャンし、対象物との距離計測とそのステップ角度により座標を
  計算し、設定されたエリア内の障害物を検出するセンサです。
● スキャン角度(検出エリア)は180°。

検出エリアの設定はパソコン(RS-232C)操作により設定可能

最大15パターンの検出エリア切換えが可能

外部からのビット入力により、あらかじめパソコン操作で設定された検出エリアの切換えが可能です。
検出エリアはパソコンを使って自由に作成することができ、検出エリアごとに3 段階出力の検出距離を設定できます。

スキャン範囲

注)100ステップでスキャン角度180°です。

検出保証範囲と検出エリア図

注)本製品はスキャン中心位置を基準に検出エリアを表します。

用途事例

自動搬送車の障害物検出

進行経路にある障害物を未然に認識する事により、迅速な回避行動が可能となります。

天井走行台車の接近警報

形式 / 品コード

製品仕様

形式 PBS-03JN
電源電圧 DC24V(使用電圧範囲18~30V、リップル含む)
消費電流 250mA以下(発光停止時100mA以下)
但し、入出力端子電流と突入電流(500mA)を除く
光源 赤外LED
検出物体及び検出範囲 白ケント紙300mm (センサ投光面に対し平行に設置)、0.2~3m×2m(原点はスキャン中心位置)。但しスキャン角度180°以内
エリアの設定 出力1の設定 ポインタ最大7点で光軸方向に0~6mまで自由に設定
出力2・3の設定 正面方向に直線設定、光軸方向に扇形設定、出力1のポインタに対する%設定
2スキャン動作モード 各検出エリアの検出出力ごとにパソコンからの設定
ヒステリシス 検出距離の10%以下(60mmより小さくなりません)
出力※2 フォトカプラNPN・オープンコレクタ出力(DC30V 50mA以下)
出力1・2・3:エリア内検出で出力OFF、故障出力:正常時出力ON※1
入力(入力1~4)※2 フォトカプラ入力(アノードコモン、各入力電流4mA以上)。設定検出エリアの切換えを行います
検出エリア設定 入力1・2・3・4でエリアNo.の設定
入力1・2・3・4を全てONで発光停止(OFF:Hレベル入力、ON:Lレベル入力)
出力応答時間 180ms以下(スキャン速度1回転/100ms)、2スキャン動作モードの場合280ms以下 (但し、エリア切換え時間100msを除きます)
入力応答時間 入力取込み周期:1スキャン時間(100ms)
表示灯 電源表示灯(緑):故障認識で点滅、出力1・2・3表示灯(橙):エリア内検出で点灯
接続 ケーブル線引出し式1m
使用周囲照度注) ハロゲン・水銀灯:10,000lx以下、蛍光灯:6,000lx以下
使用周囲温度・湿度 -10~+50℃、85%RH以下(但し結露、凍結がないこと)
耐振動 10~55Hz 複振幅1.5mm X,Y,Z方向各2時間
耐衝撃 490m/s2  X,Y,Z方向各10回
保護構造 IP64(IEC規格)
寿命 5年(モーター寿命)
材質 ケース前面部:ポリカーボネート、ケース背面部:ABS樹脂
質量 約500g
※1 故障出力が出ると、出力1~3の全ての出力は検出を示す状態になります。
※2 PNP入出力タイプ・PBS-03JNPもご用意しております。
注)太陽光など強い光を直接受けた場合は、誤出力する場合があります。

★別売にてRS-232C接続ケーブル(UZ00002)をご用意しています。別途お問い合わせください。
注) ソフトの対応OSはWindowsXPを推奨しますが、Windows7でUSB-RS232C変換をご使用のする際、変換器の相性問題により動作しない場合があります。その場合、「株式会社バッファロー 型式:BSUSRCシリーズ」、「株式会社LINEEYE 型式:LE-US232BS」をご使用下さい。 尚、以前に推奨しておりました「Arvel 型式:SRC06-USB」は生産中止となりました。

外形図

PBS-03JN

入出力回路

入・出力回路

外部接続表

注1)( )内の色は両面ライン印刷のインクの色を表しています。
注2)使用しない入力線は、オープンもしくは入力コモンプラス(赤)に接続してください。
  使用しない出力線は、オープンもしくは出力コモンマイナス(灰)に接続してください。
注3)入出力方向は本製品(PBS)を基準に記載しています。

入力と選択エリア

フォトカプラ入力(アノードコモン、各入力ON電流4mA)の設定により、検出エリアの切換えを行います。
● 検出エリアの切換え
  入力1・入力2・入力3・入力4でエリアナンバーを設定します。
  また入力1・入力2・入力3・入力4を全てONに設定すると発光停止となります。

注)OFFはDC24V(Hレベル入力)、ONは0V(Lレベル入力)に接続してください。

特性データ(代表例)

オプション / アクセサリ

種類 品コード
PBS用RS232C接続ケーブル UZ00002

各種ダウンロード

ファイルのダウンロードは会員のみが可能です。
会員登録されていない無い場合は、こちらから会員登録を行ってください。
既に会員の方は、下記の規約に同意いただき、
一番下の「同意する」をクリックしてください。
分類 ファイル名 ファイル容量 更新日 ダウンロード
カタログ PBS カタログ 1,093 kB 2017-06-23 ---
マニュアル PBS マニュアル 1,557 kB 2017-10-06 ---
2D CAD PBS 2DCAD 8 kB 2015-04-20 ---
3D CAD PBS 3DCAD(IGES) 359 kB 2015-04-20 ---
3D CAD PBS 3DCAD(Parasolid) 203 kB 2015-04-20 ---
3D CAD PBS 3DCAD(STEP) 215 kB 2015-04-20 ---
アプリケーション PBS エリア設定用アプリケーション 1,192 kB 2017-07-31 ---

 

資料ダウンロード用使用許諾

弊社各種商品の製品仕様・図面資料・各種資料及びソフトウェアのダウンロードに際して、事前にご利用規約をお読みいただき、ご理解・ご同意の上でご利用いただくようお願い申し上げます。
ご同意いただけない場合、ダウンロードページへの登録・承認ができないことをご了承ください。(なお、本利用規約は予告なく変更することがございます。)

利用規約

知的財産権

  1. 当ウェブサイトに公開されている文章、データやソフトウェアなどのコンテンツ
    (以下コンテンツという)の著作権およびその他の権利は、当社またはその供給者が有します。
  2. 当社が当ウェブサイトに掲載しているコンテンツの二次的利用(複製、転用、改変、解析、送信、譲渡、貸与、使用許諾、及び営業活動または営利を目的とする使用等)は、事前に承諾がない限り固く禁止いたします。各ダウンロードサイトやコンテンツに個別の使用条件を記載している場合は、それらの利用条件を本利用規約に優先させて適用させていただきます。
  3. 当社は当ウェブサイトによるコンテンツの提供により、コンテンツに含まれる発明、デザイン等に対する特許権、意匠権その他の知的財産権の譲渡または当該知的財産権に基づくいかなる権利の許諾を行うものではありません。

免責事項

当社は、当ウェブサイトに掲載した情報には細心の注意を払っておりますが、以下の点に責任を負うものではありません。

  1. 掲載された情報が常に最新版であり、適時適切に更新、または訂正されていること。
  2. 掲載された情報が正確で、有用で、安全であること。
  3. 当ウェブサイトの情報の変更、削除、公開の中断、中止等、ご利用になったことによるお客様に生じた損害。
  4. 当ウェブサイトの利用によって起きた一切の損害。

プログラミングについて

よくある質問

エリア設定を行う際にUSBの変換ケーブルを使用できますか。
弊社にて動作確認を行っております。 変換器の相性問題により動作しない場合があります。その場合、「株式会社バッファロー 型式:BSUSRCシリーズ」、「株式会社LINEEYE 型式:LE-US232BS」をご使用下さい。
アプリケーションにてエリア1に検出エリアを作成して書き込みを押してモニター画面にいくと、検出波形が動かなくなりました。
エリア1は、エリア入力2~4をONにする必要がございます。エリア入力が全てOFFの場合はエリア15に検出エリアを作成してください。

代替品

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.