応用例・特集ページ|測域センサ(LiDAR)採用事例|ガントリークレーン コンテナ運転支援

ガントリークレーン コンテナ運転支援

ガントリークレーン コンテナ運転支援

荷役作業の高速化や効率化のため自動化、遠隔化が進むコンテナターミナルにおいてコンテナ位置を計測するシステムに採用。
港湾設備のガントリークレーン(RTG)にてコンテナ積み替え時の作業効率向上のため
センサでコンテナ位置を検出する。

採用事例

採用事例

測域センサ6台を使用。スプレッダに測域センサを取り付け、コンテナの縦、横のエッジを計測することでコンテナの位置を検出する。

リアルタイム性が要求される用途であるため、UDP通信ができるタイプを専用に開発
相対誤差などの問題はシステムメーカのソフト処理を工夫することで解決した。

今回採用された測域センサの詳細を確認する

UTM-30LX-EW06 特殊品のため詳細の資料は下記にてお問合せお願いします

標準品の詳細についてはこちらからご確認いただけます。UTM-30LX-EW
距離30m、270°の範囲をデータ出力するレーザスキャナ(LiDAR)
UTM-30LX-EW

お問合せ先

本件についての質問やご相談は下記からお願いします。
気軽にご相談ください。
メールで問い合わせる

記:広_林

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.