応用例・特集ページ|測域センサ(LiDAR)採用事例|堅型射出成形機安全対策

堅型射出成形機安全対策

堅型射出成形機安全対策

堅型射出成形機にて金型作業の作業性向上のため、サイドカバーを取り外していた。
作業性は向上したがテーブルが移動するときにサイドからの安全対策が不十分となり対策が必要となった。

採用事例

採用事例

安全対策として測域センサでテーブル部の上面をスキャニングし手などが入った場合に、テーブルが減速するように対策。
前後はライトカーテンで対策されており、サイドもライトカーテンを採用する予定であったが、測域センサであれば1台でエリア監視できることで、ライトカーテン採用時の左右2セット必要なことや、配線の煩雑さが解消され、コストも削減可能となった。

また、今回はリスクアセスメントを実施した結果、安全カテゴリがなくても問題ないと判断されたため、安全カテゴリがないUST-05LNを使用した。

今回採用された測域センサの詳細を確認する

距離5m、270°の範囲を自由なエリア設定で物体検出するレーザスキャナ(LiDAR)
UST-05LN

お問合せ先

本件についての質問やご相談は下記からお願いします。
気軽にご相談ください。
メールで問い合わせる

記:大_内

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.