応用例・特集ページ|測域センサ(LiDAR)採用事例|建設機械の安全対策

ローラ車の安全対策

ローラ車の安全対策

バックホーの安全対策

バックホーの安全対策

採用事例

建設機械はオペレータから見えない周囲の死角は思ったより大きく、周囲の作業員もオペレータから見えていると思い込んでいます。そのため災害が多いのが現状です。
また、現状は作業指示や教育など人に頼った対策が主な対策ですが、人の集中力には限界がありヒューマンエラーも発生します。
そのため、人に頼った対策から機械自体による対策が求められています。

測域センサで建機の死角をカバーするようにスキャニング、危険領域に作業員がいたらオペレータ知らせます。
設置時に振動や衝撃が大きいためゴム製のダンパーを取り付ける、高圧洗浄機で清掃されるためシール材でセンサ周囲を保護するなどの工夫を行って使用されています。

今回採用された測域センサの詳細を確認する

距離40m、270°の範囲を計測する屋外用レーザスキャナ(LiDAR)。
URM-40LC-EW

お問合せ先

本件についての質問やご相談は下記からお願いします。
気軽にご相談ください。
メールで問い合わせる

記:広_林

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014 HOKUYO AUTOMATICCO.LTD All Rights Reserved.